JJ kids life

子供と一緒の日々あれこれ

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
edmonton


カナダから帰ってきて今回の里帰りを振返り、
何事もなく充実した日々を過ごせたを思います。
2年ぶりのエドモントン。
そしてJにとっては初の飛行機(海外旅行)でもあり、
子供たちの反応も面白いものでした。

ゆっくり思い出しながら書いていこうと思います。


行きのフライトは夕刻の出発だったので
子供たちは疲れて睡眠もそこそこ取ってくれて良かったのですが、
帰りは朝からのフライトだったせいか
なかなか寝てくれず機内で過ごす時間が長く感じ大変でした。

エドモントンまではバンクーバでの乗り継ぎを利用してのフライト。
行きは成田からバンクーバまで約8時間と
バンクーバからエドモントンまでは約1時間20分程かかります。
その間に乗り継ぎ移動や待ち時間などが入るので
子供がいると結構な長旅に感じました。
JTは病み上がりでもあり移動中の体調の変化には心配がありましたが
何とか無事に過ごすことが出来ました。

到着してその晩から時差ボケもあり。
半日ほど時差があるのですが、
その上、エドモントンはこの季節には白夜というのかな?
夜10時頃までは空が明るい。
いつもの「もう暗いから寝なさい」という口癖が
「まだ外は明るいから夜じゃないよー」と返されてしまう始末(苦笑)
うーん時計が読めない子供たちに白夜をなんと説明していいのか?
結局は普段よりも遅寝遅起きというサイクルが多くなってしまいました。

1〜2日はJTが夜中に目を覚ましホームシックでシクシク泣いていました。
家族で寝ているのに見渡す部屋の中が
我が家ではない事が寂しかったらしいです。

その後はJが「おうちにかえりたい」
と眠くなると言い出す事が多々ありました。




グランマは質素に一人暮らしをされていて
日本で物や情報に溢れた生活をしている我々にとっては
どちらかというと退屈な場所。
それでも孫の為にと少しのオモチャを準備してくれて
何をするにも寛大で穏やかに見守ってくれる気持ちに感謝しましたが
当たり前と思いつつあった日本での日々の生活習慣を
改めて「贅沢な方だな」と思ったりする場面もありました。





日本での生活に馴れている上私はとても気に入っているので、
またいい意味でよい面、悪い面を自分なりに学ぶ機会にもなりました。

| canada | 17:27 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 17:27 | - | - |









http://jjkids.jugem.jp/trackback/4
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/07 9:52 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/01 2:20 PM |